読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

はあちゅう本のAmazonレビューが嫉妬まみれでスッキリしない件

読書 WEB/TV
【スポンサーリンク】

1、「半径5メートルの野望」レビューに突っ込んでみる。

どうも、カタダです。

皆さんはブロガーのはあちゅうこと伊藤春香さんをご存じでしょうか?

僕は、あまり知りません(すいません笑)。 

知ってるのは、「スッキリ」でコメンテーターを勤めていることと、彼女のブログはチャーハンの写真ひとつで膨大なページビューを稼ぐらしい、ということくらい。

 

ではなぜ彼女が気になったかというと、トマトの写真で膨大なページビューを稼ぐらしい、イケダハヤトさんのブログのこの記事を見たからです。

「日本一のブス」になった。人気ブロガー、はあちゅうの壮絶な過去 #半径5メートルの野望 : まだ東京で消耗してるの?

まあ普通に、「半径5メートルの野望」という書籍の書評なのですが(この本↓)、

半径5メートルの野望

半径5メートルの野望

 

 その末尾に、こう書いてあったわけでして。

あぁ、レビュー欄も嫉妬まみれでいいですねぇ。

という流れの中で、何気なくAmazonレビューに飛んでみたら、、、

かなり斜め上の展開だったので、差し当たり、トップレビューに突っ込みを入れてみようと思います。

繰り返しますが、僕ははあちゅうのファンでもアンチでもありません。

 

2、最も参考になったカスタマーレビュー

 276 人中、253人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

 という、閲覧者の圧倒的な支持を得ているこのレビュー。

自己顕示欲の固まりをぶつけられる疲れる本
★★☆☆☆
投稿者Amazon カスタマー 投稿日 2015/2/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
はあちゅうさんの私私がとにかく強くて疲れる本でした。

 他の彼女の著書にも言えますが、自分の話ばかりであることが疲れます。
ブログや記事で見かけた内容も多く、
って、いや待ってくれ、めっちゃファンじゃんかよっ!
ブログだけでなく、他の書籍もひと通りチェックしてる感じの言い方w
それなのに、「私私で疲れる」って…。
なぜ懲りない?なぜまた読むの!?
 
と、こんな風に熱心にはあちゅう本を読んでいる人なので、当然以下のようなことが起きます。
例えば、冒頭の見た目コンプレックスとしてグーグル検索でブスと出る話があるのですが、
その話は、あちこちに書かれていて飽きています。。
うん、やっぱりひと通り読んでるみたいだね。。
 
ちなみにその個所が以下です。「半径5メートルの野望」より。
(というかイケハヤブログよりw)
ちょっと長くなりますが読んでみてください。

後に書籍化されたブログ、『さきっちょ&はあちゅうの恋の悪あが記』を始めると、個人ブログのアクセス数も10倍になり、比例して顔への批判も10倍になったのです。コメント欄の批判が、現実世界での私を苦しめるようになり、毎日、顔のことしか考えられなくなりました。

道を歩けば「今こうして歩いていて、すれ違う人からも『ブス死ね』と思われているのだろうか」と暗い気持ちになり、大学に行けば「せっかく授業を受けていても、どうせ世の中は顔なんだから、知識つめ込んだって意味ないよ」と思い、誰かとしゃべる時は、「今、私のことブスって思いながらしゃべってるのかな」と被害妄想が止まらなくなりました。

(略)いよいよつらくなってきたある日のこと。「見ていたら不愉快になる顔です」というコメントが胸に突き刺さりました。ギリギリ保っていた心へのトドメの一撃です。それを見た瞬間、「私って、生きているだけで人を不愉快にさせてしまうんだ」と、目の前が真っ暗になって、倒れました。

大げさに言っているのではなく、本当にめまいがして、膝から崩れて、その場から動けなくなってしまいました。

そこから、2日間は鏡を見ることができずに、寝込むことに。

寝込みながら、「でも、上には上……というか下には下がいるはず!もっとブスな人を見つけて、心を落ち着かせよう」と思い立ち、「ブス」をグーグルで画像検索したのです。トップに出てきたのは私の写真でした。

面白いじゃんか!ww

これにはイケハヤ氏も、

すみません、笑いましたこの流れw

と書いています。

普通に考えて、こういう「すべらない話」的なネタは、自己紹介がてら色んなところで披露したくなるものでしょう。

だって世の中にはまだまだ、はあちゅうを知らない人の方が多いわけですから。

逆に言うと、「もうその話聞き飽きた」という人は、はあちゅうの本を何冊も読んでいるファンに限られるはずだから、そこまで気にしなくても良いはず。

――なのに、「アンチ」という存在がコトをややこしくしているわけですね。

 

3、アンチって何なの?おしえて!

上記のAmazonレビューは長すぎるので、引用はもうやめるとして、

ここでようやく本題ですが、

アンチって何なんでしょう?なんのためにディスるの?

たとえばイケハヤ氏が東京やサラリーマンをディスるのは分かります。

彼は自分のキャラ付けを明確にするとともに、炎上を起こしてアクセス数、ひいては小銭を稼ぎたいわけで、そのためにディスるというのは微笑ましいとさえ思えるのです。

 

けど、上述のAmazonレビュー。

匿名でブログを読んで本も数冊読んで長文を書き込んでディスるってどういう気持ちなの!?

すごく純粋に知りたい。

 

よく「はてなブログ」のブコメ(読んだブログにコメントをつける機能)でも、中傷コメントつけたりする人いるけど(自分のブログはそもそもファンもいないので、まだそういうことはないけど)、

それ、何が楽しいの!?

いや、純粋に教えてほしいのです。

読んでいて全然スッキリしないのです。

(まあブコメは手軽にできるから憂さ晴らしというか、ストレス解消という利点があるのかな?でも嫌いな人の本を何冊読むとか、全く理解できない!時間がもったいないよ!)

 

4、まとめ 

なんとなくはあちゅうを擁護するような記事になってしまいましたが。。
もしご本人がこのブログを見つけることがあれば(めっちゃエゴサーチしてそう笑)、僕はこの言葉を送りたいです。
 
安心してください、ブスじゃないですよ。
中くらいですよw 
 
ちなみに、近年はGoogleの検索技術も大幅に向上しており、ブスと検索すると本物…(以下略。
 
はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法

はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法

 

 

【スポンサーリンク】