カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

ネタ記事、リベンジします!

【スポンサーリンク】

 

f:id:penguin-diary:20151009205601j:plain 

1、僕がブログで成し遂げたいこと。

どうも、カタダです。 

ブログを始めて一ヵ月以上、まだまだどんな記事を書いてくのか試行錯誤中のこのブログですが、僕の夢の中のひとつ・・・

それは、ネタ記事で一大センセーションを巻き起こすこと。

 (まあ、一大センセーションの定義はあやふやですが笑)

 

トレンド記事でも、情報性のあるランキング記事でもなく、ましては深みのあるオピニオン記事でもない。ただ読む人を楽しませるだけが目的の、エンタメに特化した記事――それがネタ記事です。

とある有名なはてなブロガーのネタ記事にオマージュをささげ、先日こんな記事を発表したわけです。

penguin-diary.hatenablog.com

そう、星井七億氏の「桃太郎」シリーズをリスペクトしたオマージュ記事。

最近そんな記事を書く流れがはてな界隈にあったことも踏まえ、自分なりに挑戦してみたのです。

(いちおう、作風をまんまパクるのではなく、彼が書かなそうな方向性で書くという自分なりの思いはあった。)

 (今からでもぜひ見てみてくださいー)

 

正直、完成度はまあまあかなと自負していたのですが、アクセス数的には、まったく話題になりませんでした(;'∀')

他の検索流入がある記事と比べると、5分の1ほどのアクセス数。

いつもより力を入れて書いただけに、率直に言って・・・悔しかった!

 (もっとも、当初「高知へ移住した桃太郎」と婉曲的なタイトルにしてしまったり、反省点は多々あった。)

 

2、けど、希望もあった!

けれど、正直手ごたえを感じたことも事実です。アクセス数は少ないながら、読者の反応がいつもより熱かった!

やはり記事に込めた熱は、読み手に伝わるのかもしれない――そんなことを感じさせてもらいました。

実際、発表してから数日経った今でも、毎日一つずつくらいブクマをいただくという(どこで見つけたんだろ??)、今までにない反応が生まれています。

 

また、この記事に、あのはてな界の大スター、ヒトデ氏から反応をいただけたことも嬉しかった。

高知へ移住した桃太郎 - カタダのペンギンな日々

これはwwwwwwww

2015/10/03 23:08

 

それだけじゃありません。。

なんとなんと、桃太郎シリーズの張本人、七億氏からも反応が!

高知へ移住した桃太郎 - カタダのペンギンな日々

好き

2015/10/03 23:45

 

 す、好き・・・!?

うおぉーっ!公認きたーーっ!

いや、公認とまでは言ってないですね、容認か。。

けど、この反応は素直に嬉しかった。むしろバレたら怒られるんじゃないかという思いもあったので、このコメントには勇気づけられました。(七億氏の器の広さに感謝いたします。)

 

なので、僕は、これら皆さんの反応に励まされ・・・

リベンジを誓うことにしました!

 

3、新たなネタ記事を書いてみる。

せっかくですのでもう一度、同じ「桃太郎」フォーマットで作ってみます。

もちろん今回も、ネット民が大好きな題材をパロディーにします。

元ネタを知らない人でも楽しめるはず!

 

その記事とは・・・

明日公開!

 

(こんなにあおって大丈夫なのか!?(;´Д`)まあ、自分を奮い立たせる意味で笑。)

 

よろしければ是非感想等いただければ幸いです。

あまりに報われなかったら、ネタ記事を書くという方向性は、断念するかも…(;´Д`)なぜなら執筆のカロリーがエグい笑。

 

 

 ※本家は書籍化されてます↓

もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら

もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら

 

 

【スポンサーリンク】