読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

ブログ開設当初にハマりがちな8つの落とし穴と対策

ブログ論
【スポンサーリンク】

f:id:penguin-diary:20151122214129j:plain

1、ブログ開設して3ヶ月。失敗の多いブログ人生でした。

 

いやーあぶない、危うくブログの更新から離れすぎて、フェイドアウトするところでした!どうも、お久しぶりです。

 

10日ほどはてなから遠ざかっている間に、このゆったり書き続けているブログも開設3ヶ月を迎えました。

今月は10万PVを目標とし、初日にハロウィンの雑記事を中心に1日で1.5万PVを稼ぐというロケットスタートを切ったのに、この体たらくです(´・ω・`)

 

ということでいい機会なので、このブログを振り返ってみようと思うのです。ただ、PV数の遷移なんかを公開しても誰も得しないと思うので、この3ヶ月を踏まえ、「初心者ブロガーが陥りやすい、8つの失敗」についてまとめてみます。つまりは自分の反省です。

てことで今日はブロガー向けの記事です。ハウトゥー記事のようですが、中・上級者の方も「あるあるネタ」くらいの感覚で、気楽に読んでいってください。

 

ということでさっそく。

題して、「こんなブロガーは長続きしない!」

 

2、初心者ブロガーがはまる8つの落とし穴

①、 ブログにハマりすぎる。

いきなりブログを否定するようですが…笑。

専業ブロガーなら24時間ブログのことを考えているのが正解なのでしょうが、自分はブログ開設当初、他にしなければいけないことがあるにも関わらず、ブログネタを考えてしまうという病に侵されていました。更新するのは偉いことですが、それぞれブログとの適切な距離感を持つことは重要でしょう。(長く続けたいなら特に。)

 

②、アクセス解析を眺めすぎて消耗。

これかなりの「あるある」だと勝手に思ってるのですが、「記事を30分で効率的に書いたぜー♪」なんて浮かれていながら、アクセス状況が気になり、グーグルアナリティクスの「リアルタイム訪問者数」を何度もチラ見してしまう。これ、かなり消耗しますよね。

なまじバズったりしてしまうと一日に…いや、一時間に何度も画面を見てしまうという。

アクセス数を確認しても、アクセスが増えるわけではありません!ブクマの数とかも同じですね。

これ、初心者は本当に注意したほうがいいです。

  

③、ネットニュースなんかを元に、お手軽記事を作る。

僕は初期の頃、いかに記事を短い時間で(20分とかで)書くかを試すあまり、Yahooニュースをもとにちゃちゃっと記事を書いたりしてみましたが、こんな記事需要もないし、検索流入もほとんどありません。

こんな記事が許されるのは有名なブロガーだけでしょう。でも有名なブロガーはちゃんとした記事を書くか…。

 

④、ブログについての記事ばかり書く。

これもかなり「あるある」だと思うのですが、アクセスが××を超えました、スマートニュースに乗りましたなんかの初体験を次々と報告してしまうものですが、これって、基本多くのブロガーが通る道で、ネット上にかなり溢れています。

たしかにブログ運営初期の頃って、ブログ運営に関しての記事のほうがアクセスが集まったりするんですよね。

もちろん書きたければ書けばいいのですが、できるだけ他者のためになる情報を盛り込むとかし、そもそも自分がどんな記事を書きたいのかという気持ちを忘れないようにしましょう。

 

⑤、批判を気にしすぎる。

僕はまだ記事が燃えたことがないので深くは語れないですが、それでも中傷みたいなブコメがつくとイラっと心が乱されたりします。

それを糧により良い記事を書く技術を磨いていくいうのももちろん大事ですが、そもそも全員が気に入る記事なんてあり得ないので、スルースキルも大事になってきます。

事前にどんな人をターゲットに書くかを定めておくと、ピント外れな批判はスルーしやすくなると思います。

 

⑥、世界中に発信していることを忘れる。

アクセスが少ない頃は、つい身近な「読者」だけが読むという意識になりがちですが、いつどこで拡散され、誰が見るか分かりません。

例えば自虐ギャグ的に「30歳を越えてしまったらもうババアよね!」なんて書いたとして、仲間内ではジョークで済むでしょうが、書き手のことを知らない50歳の女性が読んだら傷ついてしまうかもしれません(と書きながら、昔某歌手のラジオ騒動があったことを思い出しました。バカッター騒動も構造は同じですね)。

もちろん「そんなことをいちいち気にしていたら何も書けないぜ!」というのも真理ですが、少なくともブログとはそういうメディアであるということは、アクセス数の少ない段階から意識しておくべきです。

  

⑦、いい記事を書こうと肩に力が入り過ぎる。

僕も例えばバズッた記事の次のエントリなんかで、何を書こうかと思い悩んでしまったことがありますが、所詮は無料で公開してる一個人のブログです。気合いを入れすぎるのも考えものです。

 

⑧、ブログを続ける=偉いことだと信じ込む。
最後にどんでん返しですが、笑。ブログを続けたからといって何なんですか、と。
10日間ほど更新をサボった後で言っても説得力ないんですが、、

もちろん、ブログを書き続けることは尊敬すべきことだと思います。けど、よく目にするのが、「脱落してったヤツもいた」みたいに、ブログをやめた人を自分より「下」だと決めつけるような言及の仕方。これが僕には気になります。

むしろ、ブログを書いている人より、書いていない人のほうが総じて幸せなんじゃないですかね?(言い過ぎですか!?)

あなたももし、ブログよりも大事な何かを見つけたなら、迷わずそちらに飛び込むべきです。

まあ僕はまだまだ、ブログを続けます。

 

3、まとめ

一見矛盾するようなことも書きましたし、そもそも自分は「ブログとは××であるべきだ」みたいな考え方が嫌いなのですが、ここに挙げた点はブログを書く人なら全員が意識しておくべきものだと思います。(あえて無視するというやり方はあるにせよ。)

初心者の方はぜひ、意識してみてください。

と書きつつ、自分はまだまだこれらで消耗しそうです。(グーグルアナリティクスとか見ちゃうし)。ま、人を傷つけない範囲で、楽しんでやればいいのではないでしょうか。

 

ではでは!

 

 

【スポンサーリンク】