読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

超久々にドラマ「君が嘘をついた」を見たのであらすじ・感想と魅力を語るよ!(動画も見られるよ)

WEB/TV
【スポンサーリンク】

主演三上博史!バブリーなトレンディドラマ「君が嘘をついた」を見たので、その魅力をつらつらと語る

 

どうも、カタダです。

皆さんは「君が嘘をついた」というドラマを知っていますか?ある年代以下の人は当然知らないでしょう…。

これは1988年に月9で放送されたトレンディドラマです。(当時はまだトレンディドラマという呼称はなかったかも…)

出演者は主演の三上博史ほか、麻生祐未、工藤静香、大江千里、鈴木保奈美、布施博といった面々。

そして脚本はあの野島伸司。これが連続ドラマデビュー作です。

 

フジテレビ開局50周年記念DVD 君が嘘をついた  DVD-BOX

フジテレビ開局50周年記念DVD 君が嘘をついた DVD-BOX

 

 

僕はOA当時はまだ子供だったためリアルタイムでは観ていないのですが、野島伸司作品が大好きなので作品の存在はずっと知っており、このドラマが2009年にフジテレビ開局50周年を記念してDVD化をされたのを機に、満を持して初めて観てみたのでした。

(ちなみにこの時同時に、「君の瞳をタイホする!」「抱きしめたい!」「愛し合ってるかい!」といった錚々たる作品たちが合わせてDVD化されています。あ、「愛し合ってるかい」も野島伸司脚本ですね。)

 

作品を初めて観た時の感想は、めちゃくちゃポップで観やすい!という印象。映像的には古さを感じずにはいられないものの(画像や演出技法や、何よりファッションやメイクの古さ!笑)、ストーリー自体はまったく古びない強さがあるなと感じました。

 

そして今年2017年、なんだかまた無性に観たくなり、再び試聴したので、あらすじ・感想をじっくりと書いてみます。

※ややネタバレしますが、それを踏まえて観ても十分楽しめるドラマですので、よければお付き合いください。

 

「君が嘘をついた」のあらすじ

大学でヨット部の仲間であった日高涼(三上博史)、山下克巳(大江千里)、戸田輝也(布施博)の3人は、大学を卒業し、しがない平凡な社会人となっても交流を続けていた。
一方、いつもイイ男探しばかりしか考えていない、イベントコンパニオンの渡辺亜紀子(麻生祐未)、坂本恵美(鈴木保奈美)、中村美佐(井上彩名)の3人は「横浜のお嬢様」と見栄を張りながら、独身弁護士が集うパーティーに出席する。そこで「弁護士」と嘘をつき出席していた日高ら3人と出会う。

見栄を張って、嘘をついて、嘘がバレて、それでも好きでいられるか?
次第にお互が等身大の愛情に気づき始め、クリスマス・イヴの夜を迎えることに……。

公式あらすじ

 

というのが全体のストーリーで、嘘から始まる群像ラブストーリーですね。

男3人と女3人が、自らの身分を偽って出会い、恋を深めていく……。全9話です。

野島伸司脚本と聞くと、暗いドラマという印象を持っている方もいるかもしれませんが、デビュー当初の野島伸司は底抜けに明るいトレンディー路線です。(といっても、根底に流れるテーマには、「高校教師」以降の暗い系ドラマに通じる気はしますが)

 

せっかくなので、第1話だけ、詳しくあらすじレポートをしてみたいと思います♪

 

あ、ちなみに主題歌はプリンセスプリンセスの「GET CRAZY」です。

GET CRAZY !

GET CRAZY !

  • プリンセス プリンセス
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

試聴して、雰囲気だけでも感じてみてください笑

いかにも”あの時代”って感じの曲調。

 

※ちなみにこのドラマは現在、 フジテレビオンデマンド で試聴することができます(無料で視聴可能です。詳細は最後に)

 

【第一話あらすじ】サブタイトル:「純愛100%します」

涼(三上博史)、克己(大江千里)、輝也(布施博)はヨット仲間。週末になると先輩の丹羽(地井武男)のところに集まり、ヨットを楽しむ。丹羽の娘・加奈子(工藤静香)とも仲がいい。
亜紀子(麻生祐未)、恵美(鈴木保奈美)、美佐(井上彩名)らは週末になるとカフェバーで、いい男はいないかと探している。そして独身弁護士が集まるパーティがあると聞き、それにもぐりこむことにした。一方の涼らも弁護士パーティの話を聞いた。弁護士になりすましてパーティ会場へ。
この男女がパーティ会場で顔を合わせた。今回は涼ら男たち、亜紀子ら女たちの出会いを。

(1話公式あらすじ)

 

 ↓以降、自分なりの1話レポ。

×  ×   ×

とある高級ブティック。そのショーウインドウに飾られていた赤いハイヒール(セール中)を買う涼(三上博史)。

 

と、入れ違いで来店した女。その赤いヒールが目当てだったらしい。

「申し訳ありません。タッチの差で売れてしまいました」と平謝りの店員。それを聞いた女が、店を飛び出す。

 

都会の雑踏で紙袋を持つ涼に追いついた女、亜紀子(麻生祐未)。

「すいませーん」と声をかけ、目と目が合う。

 

涼のモノローグ――

――瞬きの仕方を思い出すまで、僕は彼女の瞳の中にいた――

どうやらひと目惚れをしたらしい…。

 

で、主題歌「GET CRAZY」どーん!!

 

いやーいいね、カンペキな出会いの演出。

このドラマは、三上博史のモノローグが気障ったらしくてカッコいいんです。

 

 

あくる日。

涼(三上博史)と克己(大江千里)、輝也(布施博)は、ヨットを楽しみ、先輩の丹羽(地井武男)のところで談笑。そこには丹羽の娘・加奈子(工藤静香)も。

その日は加奈子の誕生日らしく。3人でお金を払ってハイヒールを買ったのだと切り出す(※冒頭の赤いヒールですね)

「ほら、出せよ」と輝也が催促すると、涼は、ショボいアクセサリーを差し出す。

涼は、あのヒールを亜紀子にタダで譲ってしまっていたのだった。

 

×   ×   × 

一方その頃、亜紀子と恵美(鈴木保奈美)、美佐(井上彩名)はカフェバーで男を物色。美佐が男を連れてくるはずが逃げられてしまっていた。だが美佐は、来週末、弁護士とお嬢様たちのお見合いパーティーが開かれるという情報を持ってくる。

どうせ身分の確認なんてしないだろう、こっそり参加してしまおうと3人は盛り上がる。

 

×   ×   × 

涼が働くオフィス、白玉製菓(しがない中小企業)。

涼が受話器を両耳に持ち、克己、輝也と話している。

こちらもまた、弁護士とお嬢様のパーティーの話を聞きつけており、弁護士のふりをして参加することを決めるのだった。

 

オフィスの固定電話を両耳につけ、3人で会話するという斬新な手法(笑)。

画面3分割の演出もこの頃からあったんですね…。

(踊る大捜査線とかで多用されていたイメージですが、それより大分前ですね。)

 

×   ×   ×

そんな期待の中でそれぞれが一週間を過ごす。

(男3人がしがない職業なのはもちろん、女3人も派遣のイベントコンパニオンをしており、決してお嬢様ではないことがうかがえる)

 

そして、いざ、お見合いパーティーへ。

 

男3人は弁護士になりすまし、女3人はお嬢様になりますまし(乗馬クラブと名乗ったり笑)、

 

そして――涼(三上博史)と亜紀子(麻生祐未)は再会を果たすのでしたーー。

 

×   ×   ×

麻生祐未は例の赤いハイヒールを履いています。

「弁護士さんだったんですね…」「お嬢さまだったんですね…」と二人はすぐにいいムードに。

 

そして極めつけ。二人でチークダンスを踊る中、亜希子が涼に尋ねます。

 

「今度はどんな弁護をなさるんですか?」

「君の瞳を弁護します」

 

 

なんじゃその台詞は――!!!

 

 

といった感じで、ドラマは転がり始めていくわけです。

 

 

「君が嘘をついた」の見どころ

 

軽妙でユーモアあふれる会話

 「一つ質問していいかな?」

「もうしてる」

など、オシャレでウィットにとんだやり取りが満載。全体的にコミカルなシーンが多いです。

 

工藤静香の表情(笑)

ドラマに出る工藤静香などめったに観られないですが、表情が面白いw

物真似芸人が見せるセロテープ芸のような、なんも絶妙な顔を堪能できます。

 

麻生祐未、鈴木保奈美の美しさ

やっぱり今見るなら、いちばんの見どころはここだろうなー。

もちろん今もおキレイな女優さんですが、当時の、今から見るとダサいファッションやメイクに包まれているにも関わらず、とにかく美しい!

あ、三上博史も瞳がキレイです。

 

携帯電話のないセカイ。すれ違いのドラマ

2話を見るとよく分かりますが、当時の恋愛ドラマにあって今の恋愛ドラマにないもの、それは「すれ違い」ですよね。なぜなら今は、待ち合わせる時に携帯電話があるから。 

2話で待ちぼうける三上博史と、慌てる麻生祐未、微笑ましいです。

 

 

ちなみに2話のあらすじは・・・

弁護士パーティに弁護士を装って出席した涼(三上博史)は、そこで知り合ったお嬢様風の亜紀子(麻生祐未)に電話をしようかどうか迷っている。一方の亜紀子は涼の電話を心待ちしている。
パーティから3日過ぎた夜11時。涼は亜紀子に電話してデートを申し込む。翌日、デートすることになった。
港の見える丘公園、夜7時。うれしそうな涼が待っている。しかし、亜紀子はなかなかやってこない。涼が帰ろうとしたら、亜紀子が走ってきた。デートは楽しかった。次のデートは週末のヨット。

 

 

ドラマ「君が嘘をついた」が今すぐ観られるという幸せ!

勝手に宣伝ですが笑。

2009年にドラマがDVD化されて喜んだ僕ですが、今はさらにいい時代で、「フジテレビオンデマンド(FOD)」という公式の動画サイトで全話試聴することができます。

月額888円ですが、31日間の無料お試し期間があるので、このドラマだけ無料で観たい、という方はそれが叶ってしまいます。なんていい時代!

 

 (無料期間内で解約してしまえば完全無料なわけです。もっとも、他のドラマも多数見放題なので、ドラマ好きな方は継続しても損はない気はしますが…、何しろ「愛し合ってるかい」も「抱きしめたい!」も「この世の果て」も「101回目のプロポーズ」も「リップスティック」も「世界で一番君が好き!」も…全部見放題ですからね!)

 

 

ということで、懐かしいトレンディドラマ「君が嘘をついた」を観た興奮のままに書いてみました。

昔観た方も観たことない方も、ぜひこの興奮を共有してほしい!w 

 

ではでは!

 

【スポンサーリンク】