読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

KindlePaperwhiteカバーのおすすめ10種選抜!軽さ・機能性重視ならコレ!+購入レビュー

【スポンサーリンク】

f:id:penguin-diary:20160930193917j:plain

KindlePaperwhiteと合わせて、カバーも比較・購入したので、おすすめできる商品を連携する。

どうも、カタダです。

 

先日この記事に書いたとおり、KindlePaperwhiteを購入したのですが、

penguin-diary.hatenablog.com

 

合わせてカバーを購入いたしました!

 

そもそも、Kindleカバーは買うべきなのか?

なくてもいいかなーと思っていた時期が僕にもあったのですが、今では完全に、買うべきという結論に至っています。

理由は大きく分けて3つ。

 

理由①:Kindle(特にPaperwhite)の画面は割れやすく、割れたら致命的。

ネットでレビューなどを検索すると、画面が割れてしまい買い替えたいう人、意外と多いです。

Kindleの画面は「電子ペーパー」なので、iPadやiPhoneのような「液晶ディスプレイ」とはまったく異なります。「液晶ディスプレイ」は、多少ヒビが入っても読めますが、「電子ペーパー」ディスプレイは、画面が一度割れたら文字が読めなくなってしまうのです。これはかなりリスキー!

僕はカバンに入れて満員電車に乗ったりする機械もあるので、これはカバーを買っておこうと思った次第です。

 

理由②:指紋が目立つ素材

他の機種は分かりませんが、僕が購入したKindlePaperwhiteの場合、特に背面の部分が、材質の特性上、付着した指紋がかなり目立ちます。

これは…かなりカッコ悪い。もちろん遠目からは分からないでしょうが、他ならぬ自分のテンションが下がります。

 

理由③:裸(カバーなし)のKindleの見た目があまりカッコよくない。

これ、実はKindleの最大の問題点だと思っているのですが……。

apple製品を筆頭に、スマホやPC等、最新の製品はかなり見た目がイケていることが多いですが、Kindleって、正直見た目があまりカッコよくはありません

率直にいって、初めて手にとった時のワクワクもあまりありませんでした。

もちろん、電子書籍を読むという機能が第一で、見た目は二の次ではあるのですが……そうは言ってもオシャレに持ちたいなと。

カバーをつけることでオシャレ感をアップさせたいというのも、購入理由の一つです。

 

おすすめカバーは存在するか?

ということで、購入することを前提で、Amazonのページや、各種個人レビューのサイトなどを読み漁り、買うべきKindlePaperwhite用カバーを比較・検討いたしました。

この記事ではせっかくですので、自分の中で最終候補として絞り込んだ、ファイナリストのカバーたちを紹介いたします。

 

能書きはこれくらいにして、早速ご紹介!

 

<注意!>

・価格やスペック等は変更される可能性がありますので、必ず販売サイトで最終確認ください。(下記は2017.1時点での価格)

・同じ商品でも、色によって価格が異なったりするのでご注意を。

 

1.Amazon KindlePaperwhite用レザーカバー(純正)
Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

 

純正なので、これを買っておけば間違いないという一品。

堅実に、確実にいいモノを使いたいという方にはやはりこれがおすすめかも。

ただ、難点があって、やや価格が高いということと、やや重いということ。

その難点が気にならないなら、重厚感もあって見た目もスタイリッシュで安定のおすすめ商品です。

・カバーの開閉で起動・スリープ可能。
・内臓磁石での開閉。
・全7色。
・重量・・・159 g
・価格・・・4,680円

 

ちなみに、プレミアムバージョンの純正品もあります。

高級感がハンパないですね…!使い込むほど味が出る本革カバー。

6,680円とさらにお高くはなりますが、やっぱり”本革”という魅力は捨てがたい。

 

 

2、Inateck Kindle Paperwhite用 PUレザーケース 

スタイリッシュでスリム。自分が探していたもののイメージに近かったです。これこれ!という第一印象。

やっぱり個人的には、せっかくkindleが薄いんだからカバーも薄く、軽くしたい、というのが本音です。

 ・カバーの開閉で起動・スリープ可能。

・内臓磁石での開閉。
・全5色。
・重量・・・100g
・価格・・・1,899円

 

 

 3、Fintie Amazon NEW-Kindle Paperwhite

カラーバリエーションを見ているだけでテンションが上がるカバー。

単色だけでなく、「モザイク」や「ミッドナイトフィッシュ」など、ファッショナブルなデザインがあるので、個性的なカバーを選びたい人にはうってつけ。

こちらも薄型で軽量。基本的なスペックは「2」に準ずる印象ですね。 

・カバーの開閉で起動・スリープ可能。
・内臓磁石での開閉。
・全24色?
・重量・・・100g
・価格・・・¥ 1,580

 

 

4、Infiland Amazon Kindle Paperwhite

今回並べたなかでは最軽量ですね!

内側のグレーはマイクロファイバー素材で、傷やホコリから保護してくれるそう。若干外側と内側のデザイン(色味)がチグハグな印象を受けますが、実物はまた違うのかな……。

こちらはカラーバリエーションは多くないものの、「カラーダイヤモンド」と「星空」のデザインの特異さが際立っています。 

・カバーの開閉で起動・スリープ可能。
・内臓磁石での開閉。
・全9色
・重量・・・73g
・価格・・・1,570円

 

 

5、 Zatous(ザータス)Amazon Paperwhite用 レザーカバー

とにかく安い!

そして目立った特徴、それは、手持ち用ホルダーがついている!

f:id:penguin-diary:20160919205042p:plain

 (※amazon紹介ページより)

Kindleを電車等で使う身としては、この特徴はかなり惹かれます。

(Kindleは片手で持てて片手でページをめくれるのが特徴ですが、片手で持っていると、誰かと接触してしまった時など、落としてしまう危険があるのです。この取ってでしっかりと固定していれば、落下させてしまうリスクは激減するでしょう。) 

この商品も、内側にマイクロファイバー素材がついてます。

ただし、革の見た目が、良く言えば味のある、悪く言えば中古っぽく見える感じのため、好き嫌いはあるかも。

・カバーの開閉で起動・スリープ可能。
・内臓磁石での開閉。
・全6色
・重量・・・73g
・価格・・・800円

 

 

といった感じで、低価格でかつオシャレ・性能もいいカバーはなかなか少ないのですが、上記商品はどれもお勧めと言えそう。実際売れ筋もこのあたりです。

 

あと、変わりダネとしてはこのカバーも要チェックです。

 

6、Kindle Paperwhite用 折り紙カバー

このカバー、折りたたんでスタンド式にして、ハンズフリーで読書を楽しむことができます。正直、次にカバーを買う時はこれにしようと決めていますw

f:id:penguin-diary:20160930191132p:plain

(※amazon紹介ページより)

重さも93gと軽量です。 

・カバーの開閉で起動・スリープ可能。
・内臓磁石での開閉。
・全6色
・重量・・・93g
・価格・・・1,599円

 

 

という変わり種を挟みつつ……。

 

それ以外でオススメとなると、やはりブランドものは鉄板でしょう。いくつかファッションブランドがKindleカバーを発売しているのですが、そのオシャレ具合はずば抜けています。

ただ、少し高いんですよね……それが難点w

 

7、Amazon限定 PORTER(ポーター) Zip Around カバー

説明不要の有名ブランド「PORTER(ポーター)」。そのkindleカバーです。

ファスナーで開け閉めできるカバーで、内側がソフトなパイル素材(ポーターのカバンなんかに使われているアレですね)が使われています。

また、本体を留めるためのゴムバンドもついているので、Kindle本体を保護する目的としてはうってつけ!

そして、なんといってもオシャレ!これは自慢したくなる。

※カバーの開閉での起動・スリープ機能なし
・全2色
・重量・・・127g
・価格・・・8,640円

 

 

8、Amazon限定 TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)カバー 

むっちゃカッコえぇぇー!!

本命が登場した感があります。純正品を買う予算があり、なおかつオシャレに気を使いたい方なら、これが最高におすすめと言えるかも。自分も予算さえあればこれ買ってるわ!w

耐摩耗性にすぐれた高機能素材、なめらかな手触りのスエード調の内生地…なんだか、どこをとってもスタイリッシュです。イケメンなカバーです。

機能性も十分で、大きな特徴としては、内側にチケットやカードを収納する便利な内ポケットがついているよう。 

f:id:penguin-diary:20160919212408p:plain

(※amazon紹介ページより)

※カバーの開閉での起動・スリープ機能なし
・全3色
・重量・・・172g
・価格・・・7,560円

 

これ、プレゼントにもかなりいいですね。(実際、プレゼントに最適なケース入りで届くようです。)

 

9、Verso Prologue プロローグ タン 
【Kindle(第7世代), Kindle Paperwhite カバー】 Verso Prologue プロローグ タン

【Kindle(第7世代), Kindle Paperwhite カバー】 Verso Prologue プロローグ タン

 

上記のブランド物は予算オーバーだけど、重厚感のあるカバーでkindleに箔をつけたい、といった方は、このカバーはどうでしょう。

クラシック感漂う外観。手作業で仕上げているそうです。

外側は固く、それでいて内側にはマイクロファイバーがついています。4隅もバンドで固定できるので、保護性にも優れています。

・カバーの開閉で起動・スリープ可能。※Amazonレビュー欄の情報
・内臓磁石での開閉。※Amazonレビュー欄の情報
・全2色
・重量・・・172g
・価格・・・3,580円

 

 

 

まとめ。そして購入レビュー

こんな感じです!純正品の2種を含め、おすすめできるものを10種紹介いたしました。

 

いやーカバー選ぶの楽しいですね。まとめるのは大変でしたが…笑。

上述しましたが、Kindle本体は正直見栄えがオシャレとは言い難く、手にしてもワクワク感がないのですが、その欠点をカバーで補うのは大事な気がします。Kindleは長く愛用すべき商品ですから、すこしでもオシャレにしたいですものね。

 

Amazonレビュー欄や個人サイトのレビューなども参考にしつつ、独断で10個並べてみました。

この中で選んでいただいて全く問題ないと思いますが、お時間ある方はAmazonのページで検索して自分で調べてみてもいいかもしれません。

変わったデザインのカバーもまだいくつかあり、自分好みの逸品に出会えるかも。

(※ただ気をつけたいのが、見た目よさそうと思っても、Amazonレビュー欄を見ると酷評が目立つ、という商品がいくつかあること。もちろん、レビューにどこまで信頼を置くかは個人の判断ですが…。そういった意味でも、上記から選ぶとよいかと。)

あらためて一つ助言をするとすれば、予算に余裕があるなら、ブランド物のカバー(タケオキクチとか)が断然カッコいいよ!ということは記しておきます。

 

 

ちなみに、自分が購入したのは・・・

これです!

f:id:penguin-diary:20160930193901j:plain

f:id:penguin-diary:20160930193917j:plain

 

 

決め手としては、

・ネイビー(自分が好きなカラー)の色みがよさげ!

・Amazonレビューの評判もいい(特に強度に関して褒めるコメントが多い)

・安め!

 

といったところですね。実際に使用してみて、満足度は非常に高いです。

 

【追記:使用2ヵ月レビュー】

2ヵ月間、毎日のように使用していますが、破損はもちろん劣化が全くないです。

開け閉めを繰り返すうちに背表紙的な部分が破れたりしてしまうのではと危惧していましたが、今のところそういう変化は全くありません。

実際に使用してみると、「カバー開閉でのスリープ解除」はかなり便利な気がしています。

そしてやはり、肌身離さず(は大げさだけど)持ち歩くものなので、予算を気にしすぎるより、自分が気に入ったものを買ったほうがいいかなという印象も持ちました。

 

  

ではでは!

 (※繰り返しになりますが価格には変動の可能性がありますので、必ず販売ページで最終確認してください。)

 

⇒AmazonでKindlePaperwhiteカバーを探す

 

【スポンサーリンク】