カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

塩爺こと塩川正十郎氏死去。あの圧倒的な名言(失言)を僕は生涯忘れない。

【スポンサーリンク】

1、伝説の、生放送キチガイ連呼事件をリアルタイムで見た。

 

どうも、カタダです。

本日飛び込んできた訃報。。

元衆議院議員の塩川正十郎氏が、肺炎で亡くなったとのこと(享年93歳)。

財務大臣や自民党総務会等などを歴任し、僕としては小泉内閣の財務大臣として初めて認識した次第です。世間的にもたぶんそんな感じですよね?

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

で、「塩爺の愛称で親しまれている」みたいなことをよく言われていましたが、僕がこの人のことを記憶に焼き付けた痛烈な事件が、知る人ぞ知る「バンキシャ」という生放送番組での発言です。

当時世間をにぎわせていた「騒音おばさん」についての特集VTRが流れ終わった際、スタジオゲストとして参加していた塩爺に福沢明アナウンサーがコメントを求めると、塩爺は、、

 

「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。この人は。顔見てご覧なさい。
目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょ。これキチガイの顔ですわ」

 

――今思い返せば笑える気もするのですが笑、

当時リアルタイムで見ていた僕は、かなり衝撃を受けました。福沢氏もかなり慌てていた記憶があります。

まあ、だからなんだという話なのですが、政治家にも本当にうかつな失言をする人がいるのだなーと痛感したのでした。

そしてこの発言をしたときの塩爺の「悪い顔」が、トラウマレベルで記憶に焼き付いています。

 

2、別の名言もあった。

ちなみに、塩爺は「国民年金だけで議員は生活できると思うか?」と聞かれ、こう答えたこともあるそうです。

「ほんなん、できるかいな。ぼくら(議員)はあんたら(国民)と
生活のレベルが違うやないか!
(毎月)100万かかるよ。
みんな、人間平等だと思っていたらとんでもない間違いだ」

年金2 中京テレビ:プラス1フォーカスより)

 

口が軽いのに、憎めない男――塩川正十郎。

あらためて、ご冥福をお祈りいたします。

 

佳き凡人をめざせ

佳き凡人をめざせ

 

 

ある凡人の告白―軌跡と証言

ある凡人の告白―軌跡と証言

 

 

【スポンサーリンク】