読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタダのペンギンな日々

ブログの可能性を模索する様子を見せるブログ。

新作落語「はあちゅうこわい」

ネタ
【スポンサーリンク】

新作落語「はあちゅうこわい」

 

町内の若い衆が集まって、
好きな食べ物をああだこうだと言っているうち、
人には好き嫌いがあるという話になった。

大方のモンは虫が好かないというが、
人は胞衣(えな)を埋めた土の上を
初めて通った生き物を嫌いになるという言い伝えがある。

蛙なら蛙が嫌いになり、
蛇なら蛇。

皆で嫌いな虫を言い合い、 

黙っている辰さんに

「おめえは、どんなもんが恐い?」
と聞くと
「ない」

と言う。

蛇はどうだと聞くと、

あんなものは、頭痛のときの鉢巻にする
と、うそぶく。

トカゲは三杯酢にして食ってしまうし、
蟻はゴマ塩代わりに飯にかける。

忌ま忌ましいので、
なにか一つくらいないのかと食い下がると
「へへ、実は、それはあるよ。
それを見ると、体中総毛立って震えてくる」
「へえ、何だい?」
「一度しか言わないよ。……はあちゅう」

「はあちゅう?なんでぇそれは」

「おいらと一緒で、ブログをやってる女なんだが…妙にキラキラしてるし、下ネタなんかも平気で返してくるし、おっかなくてしょうがねえ。きっと俺のえなの上には、はあちゅうが通ったに違げえねぇ」

と、いって辰さん、急にブルブル震えだす。

「こわいッ、こわいよォッ」

泣き出して、とうとう寝込んでしまった。

そこで一同、
あいつは普段から、のみ屋の割り前は払わないし、
けんかは強いからかなわない。
いいことを聞いたから、一度ひどい目に会わせてやろう
と、計略を練る。

「話をするだけで震えるんだから、ここは一つ、対談でもさせりゃ、身体中ブチになって死んじまうかもしれねえ」

てなわけで、ネット媒体に対談の企画を持ちかけ、LIGだオモコロだなんて言いながら、結局、ダイアモンドオンラインで全3回にわたり、対談記事を公開することに。

対談当日、背広姿の辰さんはガチガチに緊張しながら、両手でろくろを回してやがる。

 

あくる日、皆で辰さんの様子を見に行くと、なにやら書斎でにやにやと書き物をしている。

「辰さん、いったい何を書いてんだい?」

「これかい?これはおいら初の、単独著書の準備でさぁ」

「た、単著!?なんでお前さんが書籍なんか出せるんでぇ!」

「あ、そういうことか!」

とインターネット業界に詳しい股八が叫んだ。

「インフルエンサーと呼ばれるはあちゅうとサシで絡んだことで、辰さんにもファンがつき、影響力を持つようになったんだ」

「インフルエンザ!?インフルエンザが感染したってことか!?」

「違げぇねえ。言ってみりゃ、はあちゅうってのは流行り病のことかもしれねぇ!」

そう言ってる間、辰さんはこわい、こわいよーなんて言いながら、田端信太郎に帯コメントの執筆を依頼してやがる。

連中は騙されたと思ってカンカン。

「おう、怖いと言ってたはあちゅうで喜びやがって!」

「いい加減にしろ、お前は何が怖いんだ、言え!」

首を絞められ、辰さんは咳込んだ。

「分かった、言うよ」

「さあ言え。なにが怖い?」

「今は、王様のブランチが怖い」

 

 

×   ×   ×

 

※後記

言うまでもなく、古典落語「まんじゅうこわい」のオマージュです。

大枠の流れは別サイトを参考にさせてもらいました。

 

※前回の「新作落語」↓

penguin-diary.hatenablog.com

 

 

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1

古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」 : 「朝日名人会」ライヴシリーズ 1

 

 

 

※その他のネタ記事

penguin-diary.hatenablog.com

penguin-diary.hatenablog.com

  

 

【スポンサーリンク】